人気のある仕事に就職する場合は資格が必要な場合もあります

仕事を選ぶときの重要なポイント~資格や学歴の必要性~

職業選びで悩んでいるなら~人気職を参考に~

女性のイラスト

将来の進路何も決まってない!という人も多いのではないでしょうか。高校に入学すると、周りの皆も徐々に進路を決め始めます。就職選びというのは、将来素敵な大人になるために必要で、重要なものです。しっかりと選んで自分に合う職業を見つけましょう。

進路に迷っているなら人気な職業を参考にしましょう

ここでは女性に特に人気のある職業をご紹介します。参考にして自分に合う職業は何なのか考えてみましょう。

  • ツアーコンダクター
  • プログラマーやSE
  • アロマセラピスト
  • CADオペレーター
  • ネイリスト
  • 一般事務
  • マーケティング
  • 通訳
  • 保育士

仕事内容の一例

いくつか人気のある職業をピックアップして、詳しい仕事内容とおすすめサイトを見てみましょう。

ツアーコンダクター
ツアーコンダクターは、ツアーに参加したお客様を案内するのが主な仕事です。旅行中の全ての運営を任され、様々な業務をこなす必要があります。宿泊施設へのチェックイン、参加者の確認、注意事項の説明などがあります。体力が必要な職業ですが、お客様に満足してもらうことで、達成感ややりがいを感じることができる職業です。
おすすめサイト
保育士
保育士は、0~5歳までの子供に正しい生活習慣を身につけさせる仕事です。そのため、保護者と連絡帳でやりとりをしながら、子供の身の回りの世話や、集団生活の中で社会性を養い、遊びの中で心身の発達をサポートします。子供の命を預かる仕事なので責任はありますが、かわいい子供の笑顔や成長を間近で見れる、やりがいのある仕事です。
おすすめサイト
ネイリスト
ネイリストは、爪をデザインするのが仕事だとイメージが湧きますが、一番大事なのは、爪そのものを美しくするネイルケアです。自爪が美しく整って初めて、マニュキュアを塗るカラーリングや爪にデザインをするネイルアートを行ないます。ネイルケアやネイルアートには、それぞれ様々な作業があり、専門技術が必要になります。女性のキレイをサポートするお仕事、とっても魅力的です。
おすすめサイト

人気の職業を選べばいいという訳ではない~賃金から見る実情~

人気の職種だからといって給料が高いという訳ではありません。保育士やツアーコンダクターは仕事内容に対し給料が安いので離職率が高いのが現実です。ネイリストの場合は、経験と技術力が必須なので、入ったばかりである場合、給料はあまり期待できません。しかし、ある程度経験を積んで技術を磨けば独立でき、高い収入を得ることができるというメリットがあります。職業によって給料は変わってくるので、将来をよく考え、家族も納得するような職業を見つけましょう。

賃金が安くてもやりがいがあるから続けられるという人の声

給料だけで考えてしまうと、どの職業も最初は満足いかないかもしれません。そのため、やりがいのある仕事、自分に向いている仕事を探すようにしましょう。

大変ですがやりがいがある仕事です(26歳/女性)

保育士の仕事は、給料の割には仕事量が多くハードなとろこがあります。行事の準備のときには、仕事が終わるのは夜遅く…そんな日に限って次の日朝早くから仕事となると、寝不足で体力が持たないと感じることがあります。なぜこの仕事を続けているかというと、子供が好きで笑顔を見ることができるからです。子供の成長を感じたときには言葉で言い表せない程嬉しくなりますよ。

給料に満足いかない職業でも、自分が本当にやりたいと思った仕事なら進むべきです。単に人気の職業だからといって軽い気持ちで選ぶのは危険なので、よく考えて決めるようにしましょう。

資格取得でなりたい職業を目指す~学校できちんと学ぶ~

就職する際にあると有利なのが、資格です。仕事の中には資格を持っていないと就職できない職種もあるので、自分のやりたい仕事がある程度固まったら、資格が必要なのかどうか調べてみましょう。

資格が必要な職業がある

保育士の場合だと、国家資格である保育士資格が必ず必要です。保育士の養成施設である大学や専門学校を卒業すると、無試験で保育士資格が取得できます。一方ネイリストの場合は、資格保有が必須ではありませんが、資格を持っていると技術がある証明となります。またネイルサロンに採用される際は、資格を持っている人を対象としているところがほとんどです。ネイリストを目指すなら資格を取るようにしましょう。

今の企業は即戦力を欲している

女性

日本の企業は以前までは、業界未経験者でも時間をかけて、ゼロから社員を育てる余裕がありました。しかし、近年では採用後に未経験者を育てる余裕はなく、経験者を積極的に採用し即戦力となる人を探しています。そのため、就職前の高校や専門学校、大学で何を学ぶかが非常に重要なポイントになります。このようなことを踏まえて、しっかりと考えて学校を選ぶことが大切です。

様々な学校があります

高校に在学している間に、卒業後に進学するか就職するか選択をする必要があります。ここでは、いくつかの進学先などをご紹介します。

大学
大学は基本的に4年制で、学問を学びながら幅広い知識や教養を身に付ける施設です。大学では、落ち着いて勉強や研究に専念できるので、余裕を持って専門的な知識を得たい人にぴったりです。しかし、学費が高いので、本当に学びたいことがあるのか考えることが大切です。家族とよく相談して決めるようにしましょう。
短期大学
短期大学は、実際に就職したときや生活に役立つ、専門性の高い能力や学問を学ぶ施設です。2、3年制で、中には国家資格を目指す専攻もあります。大学と専門学校の良い部分を抽出した施設で、大学に比べると学費も約半額です。短期間で学ぶため、大学よりも学校生活が忙しくなります。なるべく早く就職したい人にはぴったりです。
専門学校
専門学校は、その名の通り専門的な事を学ぶ学校です。そのため、将来就きたい仕事が決まっているなら、その職業に直結した専門学校で、専門的な知識を学ぶのが良いでしょう。講師も現場で活躍しているプロなので、多くの技術や知識を得ることができます。将来就く仕事とほぼ同じ現場や設備が整っているので、就職後も即戦力として活躍できます。
通信講座
通信講座は、趣味として何かを学びたい人におすすめです。自分の好きな時間に好きな場所で学ぶことができるのが最大の特徴です。自分のペースで学びたい、趣味として知識をつけたいという人に向いています。使用される教材は市販のものと比べると質が良く、費用も安価なので、専門的な知識を手軽に得ることができます。
TOPボタン